国際介護インターンシップ|介護施設の人手不足、介護学生の減少の課題を解決する新しい試みをご提供いたします国際介護インターンシップ||介護施設の人手不足、介護学生の減少の課題を解決する新しい試みをご提供いたします


介護業界2025年問題


Problems

介護業界の2025年問題とその対策のために介護業界の2025年問題とその対策のために

2025年の日本国内では、介護職員数が介護施設利用者に比べ
37.7万人が不足すると厚生労働省が試算(需給推計)を発表しました。

介護職員の数自体は2000年の54.9万人から2015年183.1万人まで増えていますが
現実的には、必要な職員の数が追いついていない状況です。

2025年の日本国内では、介護職員数が介護施設利用者に比べ37.7万人が不足すると厚生労働省が試算(需給推計)を発表しました。

介護職員の数自体は2000年の54.9万人から2015年183.1万人まで増えていますが、現実的には必要な職員の数が追いついていない状況です。

介護人材にかかる需給推計結果



出展:厚生労働省2025年に向けた介護人材にかかる需給推計結果と「総合的な確保方策」(イメージ)より作成

出展:厚生労働省2025年に向けた介護人材にかかる需給推計結果と「総合的な確保方策」(イメージ)より作成

すべての都道府県で人材不足、都心部でも深刻に

すべての都道府県で人材不足都心部でも深刻

厚生労働省が発表した「2025年日本全国の介護士人材の需給推計(確定値)」によると
人材不足が深刻な地域は、東京都が第1位、次いで大阪府、埼玉県となります。
以下、7位の兵庫県まで各県2万人を超える人材不足が発生し、特に都市部で深刻です。
充足率が足りていない宮城県、群馬県、埼玉県などの地方自治体も深刻な状況で、
2025年に備えて介護人材の人員増加対策が待たれています。

厚生労働省が発表した「2025年日本全国の介護士人材の需給推計(確定値)」によると人材不足が深刻な地域は、東京都が第1位、次いで大阪府、埼玉県となります。

以下、7位の兵庫県まで各県2万人を超える人材不足が発生し、特に都市部で深刻です。

充足率が足りていない宮城県、群馬県、埼玉県などの地方自治体も深刻な状況で、2025年に備えて介護人材の人員増加対策が待たれています。

都道府県名   需要見込み人数 供給見込み人数 不足人数 充足率
東京都   243,701 207,950 35,751 85.30%
大阪府   219,190 185,324 33,866 84.50%
埼玉県   121,352 93,882 27,470 77.40%
神奈川県   182,643 157,942 24,701 86.50%
愛知県   131,852 107,461 24,391 81.50%
千葉県   115,272 92,517 22,755 80.30%
兵庫県   117,817 95,314 22,503 80.90%
宮城県   45,532 31,396 14,136 69.00%
北海道   109,903 97,580 12,323 88.80%
群馬県   43,806 32,205 11,601 73.50%
茨城県   50,807 40,673 10,134 80.10%
福岡県   94,314 84,257 10,057 89.30%
静岡県   65,077 56,575 8,502 86.90%
長野県   46,339 37,948 8,391 81.90%
岐阜県   39,559 32,441 7,118 82.00%
広島県   58,970 52,021 6,949 88.20%
栃木県   31,293 24,428 6,865 78.10%

人口減少による人材不足の代償は既に始まっています

人口減少による人材不足の代償は始まっています

人材不足によって介護施設の閉鎖が起こるなど、既に問題が出始めている地方自治体があります。
この20年で日本が失った労働人口は1,000万人と言われ、東京の人口とほぼ同じ人数が離職しました。
高齢化率40%の中国地方のとある市では3年間で介護事業者の撤退や縮小が10箇所あまり発生しました。

介護業界を支えるのは、会社をリタイアした高齢者世代です。
施設運用に関しても老老介護を余儀なくされ、かつ常態化が顕著になっています。
現場では、職員の老化による物忘れや様々なトラブルが発生しても対応することが困難になり、
その職員は、やがて退職に追い詰められていく結果になっています。
定年後の追加雇用で持ちこたえてきた介護現場はもはや限界に達しつつあります。

今、日本の一部で起こっていることは、日本のどこにでも起こり得る状況なのです。
(参考:NHKスペシャル「労働力激減!縮小日本の衝撃」より)

人材不足によって介護施設の閉鎖が起こるなど、既に問題が出始めている地方自治体があります。この20年で日本が失った労働人口は1,000万人と言われ、東京の人口とほぼ同じ人数が離職しました。高齢化率40%の中国地方のとある市では3年間で介護事業者の撤退や縮小が10箇所あまり発生しました。

介護業界を支えるのは、会社をリタイアした高齢者世代です。施設運用に関しても老老介護を余儀なくされ、かつ常態化が顕著になっています。現場では、職員の老化による物忘れや様々なトラブルが発生しても対応することが困難になり、その職員は、やがて退職に追い詰められていく結果になっています。定年後の追加雇用で持ちこたえてきた介護現場はもはや限界に達しつつあります。

今、日本の一部で起こっていることは、日本のどこにでも起こり得る状況なのです。(参考:NHKスペシャル「労働力激減!縮小日本の衝撃」より)

エントリー お問い合わせ
エントリー
お問い合わせ