国際介護インターンシップ|介護施設の人手不足、介護学生の減少の課題を解決する新しい試みをご提供いたします国際介護インターンシップ||介護施設の人手不足、介護学生の減少の課題を解決する新しい試みをご提供いたします

国際介護インターンシップとは


Internship

私たちは 介護現場の人材不足を解決します私たちは 介護現場の人材不足を解決します

このプロジェクトは、中国において2030年から40年に訪れると想定されている
『超少子高齢社会』への対策が中国政府で決定されたことに端を発しています。

中国よりも早く少子高齢化社会を経験し、高齢化先進国と言われる日本国内でも
人材不足による、在宅介護や老々介護を余儀なくされる現状が広がっています。
介護人材の育成に新たなシステムを構築することで、私たちは介護環境の改善を目指します。

このプロジェクトは、中国において2030年から40年に訪れると想定されている『超少子高齢社会』への対策が中国政府で決定されたことに端を発しています。

中国よりも早く少子高齢化社会を経験し高齢化先進国と言われる日本国内でも人材不足による在宅介護や老々介護を余儀なくされる現状が広がっています。

介護人材の育成に新たなシステムを構築することで私たちは介護環境の改善を目指します。

介護業界を取り巻く課題

日本国内において介護現場での人手不足はもとより、
介護業界の将来を担う介護学生の数も少子化に伴い減少しています。
また、隣国の中国においても「超少子高齢化」という介護に関わる課題を抱えています。

日本国内において介護現場での人手不足はもとより介護業界の将来を担う介護学生の数も少子化に伴い減少しています。
また、隣国の中国においても「超少子高齢化」という介護に関わる課題を抱えています。

【中国の課題】
「超少子高齢社会への備えが無い」
日本を超える規模となり対策は急務です


【大学の課題】
「学生数の大幅な減少」
少子化に伴い入学希望者は減り続けています

【介護の課題】
「慢性的な働き手不足」
2025年には38万人の介護職員不足が見込まれます

国際介護インターンシップの解決

中国介護協会(上海海羿文化傳播有限公司)、国際介護協会の協力で、奨学生として支援を受けた学生が
日本で介護を学び、介護現場で経験を積み、卒業後中国に帰国することによって
「中国・留学生大学・専門学校」それぞれが潤う仕組みとなります。

中国介護協会(上海海羿文化傳播有限公司)、国際介護協会の協力で、奨学生として支援を受けた学生が日本で介護を学び、介護現場で経験を積み、卒業後中国に帰国することによって「中国・留学生大学・専門学校」それぞれが潤う仕組みとなります。

【中国 → 大学】
選抜された意識の高い学生のみ日本で学士号と資格を取得する権利を得ることができます
(受け入れ校によっては専門学校の卒業資格を取得)



【大学 → 介護】
日本の介護現場では学生をアルバイト雇用し
人員を増強することができます

【介護 → 中国】
中国国内でも留学生が帰国することで
介護職員として迎えることができます

介護奨学生のインターンの流れ

介護奨学生のインターンの流れ 介護奨学生のインターンの流れ
エントリー お問い合わせ
エントリー
お問い合わせ